理容学校のスクーリング

この間、今月最後の理容学校のスクーリングの教科を受けました。教科プログラムは朝方は理容習慣論、昼過ぎは浄化運営でした。

理容習慣論の教科は、障子ペーパーによるお現実を作りました。今までライティングのみの教科でしたので、工作進め方において新鮮な気力になりました。

商売はペーパーに草案を書いて、新聞ってラップ等を使ってお現実の根底を出し、障子を糊で塗り付けるまでの業務でした。

創るのが遅かったので、インストラクターに尋ねて手伝っていただき進め方を進んでいきました。

あたしは狐のお現実を作る狙いでしたが、進め方が結び付くにによってあっという間にミッキーマウスもののお現実になってしまいました。(笑)

おそらく嬉しいやと思いながらやっと皆さんに追いついて、今はお現実を乾燥している状況だ。1か月後に続きを結び付く狙いだ。3Dのお現実。無事に完成できることを願っている。

昼過ぎは浄化運営で今月最後の教科でした。教科目的は器具の様々な殺菌手に対して教えていただきました。最後の教科に殺菌方法の小トライがありました。

80会社後は居残りと言われたので、必死に暗記を通していました。大抵書き終わったので、インストラクターのところにトライを取り出しました。

結果は85会社で理容学校に通って以後、初めての一発パスだ。ほっとした本心になりました。

今月最後の教科がおわりやっと救援した気分です。次月もスクーリングがありますので、それまで勉強して行きたいと思います。
自己破産 弁護士 兵庫県姫路市