香典単価によって費用

いま自宅で葬儀をするヒトがいなくなったようで、ほとんどの地区が葬祭会館で葬儀をするようになってきました。

そのため葬儀は葬祭会館の職員が行うので、隣組のヒトが行うことがなくなってきたようです。ただプライスはかかります。(葬祭会館の職員が行う結果)

自宅で葬儀をする際は隣組のヒトに頼るしかなかったのです。その地区の習慣があるので、葬儀のある住まいの親族といったいえども葬儀は口をはさめなかったのです。

またうち葬は、隣組のヒトに頼るので、葬儀に参列した人の香典単価によって費用がかからず、儲かったようです。

そのため葬儀の後の長椅子(慰労につき)も隣組のヒトが戻るまで親族はその長椅子にいなければならなかったのです。

葬祭会館での葬儀は全員葬祭会館の職員が行いますので、葬儀後の長椅子(清めの長椅子)葬祭会館で行うことが多いようです。

その長椅子は2ターム程度で、タームがくると喪主に終わりにしてくれって会館側が言って来る。

往年ですとその事は隣組のヒトがいう事ですが、会館側は隣組のヒトはわかりませんので、喪主に言って来る。

往年なら隣組の人の慰労の意味で行っている長椅子ですが、葬祭会館での葬儀の後の長椅子は意義が違ってきているようです。そのためにも葬祭会館のやり方に従うことが無難になってきているようです。
自己破産 弁護士 東大阪市