アドラー心的学

この間、話題になっていたアドラー心的学の正規を手に取ってみました。わたくしが読んだのは「自身を力付けるアドラー心的学 7つの智」という正規だ。

このところ、自分自身に自信がなくなり「なるほど・・・更に何をやってもうまくいかない」というマイナスがちだったので、その心をやっと上がりにできないかと見なしわらにもすがるような気持ちで読んでみました。

自身を力づけることが営みになれば人様も力付けられる。こういう正規の中に書かれている戦法はどれも簡単で目下、即時からも望めるものが潤沢書かれている。

たとえば、朝起きて鏡の先でニコッ口角をあげて笑う。これならば、誰にでもやれる簡単なことです。

個人は楽しいから笑うのではなく、笑うから有難いのだとか。笑っていると、心は勝手に楽しいことを探し出していただけるというのだから驚きです。

逆にやりきれないからパーソンは泣くのではなく、泣くからはかなくなり直感もへこむのだみたい。

外見を置き換えるだけで、脳裏も変えられるのだから個人はたいして単純にできているのかもしれません。

また、気になる一文もありました。

「何かに挑戦する状態、なんだか動きに移せない状態パーソンはできないきっかけを探し出してきて、それと関連づけて実行しないようにする」とあります。

失敗して恥をかくのをきらいいつまでもしり込みやる自身を何度も見ているだけに耳の痛い語学だと思いました。

こういう正規を手にしたというだけも、わずかな一歩を踏み出したのです。自身を力付け、多少なりとも目標に向かい前に進みたいと感じました。
自己破産 弁護士 埼玉県